RSS

GNU Nano キー操作

09 11月

ctrl+G(F1): ヘルプテキスト表示する
ctrl+X(F2): 現在のファイルを閉じる
ctrl+O(F3): 現在のファイルを保存する
ctrl+J(F4): 段落を整形する
ctrl+R(F5): ほかのファイルを挿入する
ctrl+W(F6): テキストを検索する
ctrl+Y(F7): 前の画面へ移動する
ctrl+V(F8): 次の画面へ移動する
ctrl+K(F9): 現在の行をカットする
ctrl+U(F10): 切り取った行をペーストする
ctrl+C(F11): 現在のカーソル位置情報を表示する
ctrl+T(F12): スペルチェックを行う(Mac OS Xだとspellコマンドが入っていないから動作しない.)
ctrl+P(↑): 上へ移動する.
ctrl+N(↓): 下へ移動する.
ctrl+F(→): 右へ移動する.
ctrl+B(←): 左へ移動する.
ctrl+A: 行頭へ移動する
ctrl+E: 行末へ移動する
ctrl+L: 画面を更新する
ctrl+^(meta+A): 選択を開始する(ほかのエディタならshiftを押しながら選択するよね.これと,ctrl+Kを組み合わせるといい.)
ctrl+D: カーソル位置の文字を消す
ctrl+H(delete): カーソル位置の左の文字を消す
ctrl+I(tab): タブを入力する
ctrl+\(F14)(meta+R): テキストを置換する
ctrl+M: キャリッジリターン(CR)を挿入する(Mac OS Xだと普通にラインフィード(LF)が挿入されるみたい.)
ctrl+_(F13)(meta+G): 指定行へ移動する
ctrl+space: 1単語分右へ移動する(Mac OS XだとSpotlightが起動してしまう.)
meta+space: 1単語分左へ移動する
meta+]: 対になる括弧へ移動する
meta+<: 前のバッファを開く
meta+>: 次のバッファを開く
meta+C: 現在のカーソル位置情報を常に表示する/表示しない
meta+I: オートインデントを有効/無効にする
meta+Z: サスペンドを有効/無効にする(シェルのサスペンド機能を使えるようにするかしないか.)
meta+X: ヘルプを下に表示する/表示しない
meta+W: 自動的に折り返す/折り返さない
meta+M: マウスをサポートする/サポートしない(どういう機能かわからない.)
meta+K: カーソル位置から行末までのカットを有効/無効にする(ctrl+Kの動作がカーソル位置から行末までのカットになる.)
meta+F: マルチファイルバッファを有効/無効にする(ctrl+Rの動作が「ほかのファイルを新しいバッファに挿入する」になる.)
meta+N: DOSフォーマットとMacフォーマットの無変換を有効/無効にする(改行コードの無変換をするかしないか.)
meta+D: DOSフォーマットでの書き出しを有効/無効にする(改行コードがCRLFになる.)
meta+O: Macフォーマットでの書き出しを有効/無効にする(改行コードがCRになる.)
meta+B: バックアップファイルを有効/無効にする
meta+S: スムーススクロールを有効/無効にする(1行ごとのスクロールをするかしないか.しない場合は画面ごとのスクロールになる.)
meta+Y: シンタックスハイライトを有効/無効にする(どういう機能かわからない.)

 
コメントする

投稿者: : 2010/11/09 投稿先 Linux

 

コメントは受け付けていません。