RSS

CentOS 設定

17 11月

<<<< CentOS 設定 >>>>

[キーボード配列の変更]

vi /etc/sysconfig/keyboard
KEYBOARDTYPE=”pc”
KEYTABLE=”jp106″

再起動  shutdown -r now

[IPアドレスの変更]
setupコマンドを起動して対話形式でIPアドレスを変更する。

“Choose a Tool”で”Network configuration”を選択して下記の項目を変更する。

(例)
Static IP    192.168.1.5
Netmask      255.255.255.0
Default gateway IP  192.168.1.1

ifconfigコマンドでStatic IPとNetmaskを変更することができる。

(例) ifconfig eth0 192.168.1.5 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255

routeコマンドでデフォルトゲートウェイを変更できる。

(例) route add -net 192.168.1.0 gw 192.168.1.1 mask 255.255.255.0 metric 1 netmask 255.255.255.0 eth0

[ファイアウォールの設定]
setupコマンドを起動して対話形式でファイアウォール設定を変更する。

“Choose a Tool”で”Firewall Configuration”を選択して下記の項目を変更する。

設定をコマンドを使う場合は、iptablesコマンドで行うことができる。

SELinuxをDisabledに変更。
Customizeを実行して、必要なポートを開放する。

[DNSサーバの指定]
  /etc/resolv.confにDNSサーバアドレスを指定する。ルータを使用している場合は、
ルータのアドレスとする。

(例)
192.168.1.1

[サービスの設定]
setupコマンドを起動して対話形式で起動するサービスを追加・変更する。

“Choose a Tool”で”System Service”を選択してサービス一覧を表示する。
必要なサービスを有効にする。
また、sshdが有効になっていることを確認する。

(例) Apacheウェブサーバを使うには”httpd”に*を付ける。
(スペースキーで有効/無効)

[SSHログインの確認]
TeraTerm ProからSSHでログインできることを確認する。

[ユーザの作成]
デフォルト設定の確認
  useradd -D

ユーザの追加
  (例)  useradd user

ユーザの確認
  id -a user

パスワードの変更
  passwdコマンドでパスワードを変更する。

(例)
  passwd user

/etc/passwdでユーザ情報を確認する。

[vsftpd(FTPサーバ設定)]
vsftpd.confを編集する。
  vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf

—————————————
anonymous_enable=NO
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES
chroot_list_enable=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list
ls_recurse_enable=YES
use_localtime=YES

chroot_listにユーザを追加
  echo ‘user’ >> /etc/vsftpd/chroot_list

再起動
/etc/rc.d/init.d/vsftpd restart

[httpd(ウェブサーバ)設定]
下記のファイルを編集する。
  vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

ServerTokens Prod ←変更(サーバーの情報を隠す)
KeepAlive On ←変更(クライアントとの接続を保持する)
Options Includes ExecCGI FollowSymLinks ←変更(CGI,SSIを許可。ファイル一覧表示禁止)
AllowOverride All ←変更(.htaccess許可)
DirectoryIndex index.html index.htm index.cgi index.php ←変更(index.cgi index.phpを追加)
ServerSignature Off ←変更(Apacheのバージョン情報を隠す)
AddLanguage ja .ja ←この行を最上位に移動
LanguagePriority ja ←jaを先頭に移動
#AddDefaultCharset UTF-8 ←コメントアウト(デフォルトの文字コードを設定しない)
AddType application/x-httpd-php .php ←追加(.phpを使えるようにする)
AddHandler cgi-script .cgi .pl ←コメント解除&変更(.cgi .plを使えるようにする)
NameVirtualHost *:80 ←コメント解除(バーチャルホスト許可)

httpd再起動
  /etc/rc.d/init.d/httpd restart

[sambaの設定]
既存ユーザuserを登録
  pdbedit -a user
………………..
    new password:
    retype new password:
    startsmbfilepwent_internal: file /etc/samba/smbpasswd did not exist. File successfully created.
    Unix username:        user
    NT username: guest
    Account Flags:        [U          ]
    User SID:             S-1-5-21-1397570601-503051572-2212552623-2000
    Primary Group SID:    S-1-5-21-1397570601-503051572-2212552623-2001
    Full Name:
    Home Directory:       \\cj3100138-c\user
    HomeDir Drive:
    Logon Script:
    Profile Path:         \\cj3100138-c\user\profile
    Domain:               CJ3100138-C
    Account desc:
    Workstations:
    ….

samba設定ファイルの編集
  vi /etc/samba/smb.conf

    [globals]
        workgroup = COCO  (例:ワークグループ名をCOCO(ここ)にする)

    [homes]
        comment = Home Directories
        path = %H (/homeをホームディレクトリにする)
        browseable = no
        writable = yes

samba再起動
  /etc/rc.d/init.d/smb restart

 
CentOS 設定 はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2010/11/17 投稿先 Linux

 

コメントは受け付けていません。