RSS

Groovy で独自パッケージのクラスを使うには

16 8月

パッケージ package1 のクラス Class1 を使う例です。
ディレクトリ構造はつぎのようになります。Class1.class はgroovyc でコンパイルして作成します。

.
test_package1.gvy
test_package1.bat
.\package1
Class1.gvy
Class1.class

(ファイル test_package1.gvy)

import package1.*

obj = new Class1()
println obj.getName()

(ファイル package1\Class1.class のソース)

package package1

class Class1 {
def name = “Package1.Class1”
}

(実行コマンド: test_package1.bat)

groovy -cp package1\Class1.class test_package1.gvy Package1.Class1

 

 

次のようにクラスを後からロードして実行することもできます。

def class1

try {
class1 = Class.forName(‘package1.Class1’)
println class1.name
}
catch (ClassNotFoundException ex) {
println ‘Class not found.’
}

実行コマンドは、次のように簡単になります。

groovy test_package1A.gvy

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2012/08/16 投稿先 Groovy

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。