RSS

MSBuildでXMLドキュメントを出力するには

20 11月

MSBuildでXMLドキュメントを出力するには

PropertyGroupにDocumentationFileを追加すると、XMLドキュメントを出力できる。

<PropertyGroup>
    <Configuration Condition=" '$(Configuration)' == '' ">Debug</Configuration>
    <Platform Condition=" '$(Platform)' == '' ">x86</Platform>
       ....
    <DocumentationFile>$(OutputPath)document.xml</DocumentationFile>
  </PropertyGroup>

サンプルプログラム

using System;
 using System.Collections.Generic;
 using System.Linq;
 using System.Text;
namespace LinqToArray
 {
 /// <summary>
 /// Program class
 /// </summary>
 class Program
 {
 /// <summary>
 /// メインプログラム
 /// </summary>
 /// <param name="args">コマンドライン引数</param>
 static void Main(string[] args)
 {
    string[] array = { "Pentium", "Pentium MMX", "Pentium Pro", "Pentium II", "Pentium III", "Pentium 4", "Pentium D", "Core2 Duo", "Core2 Quad" };
Console.WriteLine("[All]");
 var q = from x in array select x;
 foreach (var x in q)
 {
   Console.WriteLine(x);
 }
Console.WriteLine("[Where x.Substring(0, 4) == \"Core\"]");
 q = from x in array where x.Substring(0, 4) == "Core" select x;
 foreach (var x in q)
 {
    Console.WriteLine(x);
 }
#if DEBUG
 Console.ReadKey();
 #endif
 }
 }
 }

XMLドキュメント

<?xml version=”1.0″?>
<doc>
<assembly>
<name>LinqToArray</name>
</assembly>
<members>
<member name=”T:LinqToArray.Program”>
<summary>
Program class
</summary>
</member>
<member name=”M:LinqToArray.Program.Main(System.String[])”>
<summary>
メインプログラム
</summary>
<param name=”args”>コマンドライン引数</param>
</member>
</members>
</doc>

 
コメントする

投稿者: : 2013/11/20 投稿先 未分類

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。