RSS

mysqlimport コマンドの使用例

09 1月
mysqlimport --local --host=localhost --user=user 
--password=***** --fields-terminated-by=',' --fields-enclosed-by='"'
 db1 /home/ubuntu/data/csv/bloglist.csv

csvファイルのコードがUTF8の場合、テーブルの character set も UTF8 になっていること。
テーブル名とCSVファイルの名前は同じであること。
上の例だと、db1.bloglistテーブルにインポートする。

Excelなどで作ったCSVファイルの行末は\r\nになっているので、行末オプション指定が必要。(fields-terminated-by=’\r\n’)

 

 

(参考) mysql クライアントで LOAD DATA INFILE コマンドを使ってもインポートが可能である。ただし、事前に SET CHARACTER_SET_DATABASE=UTF8 を実行しておかないと文字化けする。

(例) LOAD DATA LOCAL INFILE ‘/home/user/temp/CREATORS.csv’ INTO TABLE apps.CREATORS FIELDS TERMINATED BY ‘,’ ENCLOSED BY ‘”‘;

 
コメントする

投稿者: : 2015/01/09 投稿先 MySQL

 

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。