RSS

月別アーカイブ: 4月 2016

ProFTPD をインストールしてみた

vsftpd がなぜか動かないので、いろいろ調べるより proftpd を使ったほうが早いと思ってインストールしてみました。(注意: Ubuntu なら apt-get install proftpd のほうが簡単です)

ダウンロードは下記から行います。

http://www.proftpd.org/

メニューの一番上の方にある

Current Versions

の中から gz を選んでタールボールをダウンロードします。

ダウンロードした gz ファイルを解凍して、普通に次のコマンドを順に実行してコンパイルします。

./configure
make
sudo make install

インストールが成功したら次のコマンドを実行します。

sudo proftpd

FFFTP などから接続してみてユーザディレクトリの一覧が表示できれば OK です。
特に設定などしなくても、普通の使い方をするだけならこのままでも OK です。

 

 
コメントする

投稿者: : 2016/04/27 投稿先 Linux

 

Ubuntu 16.04 でin the drive ‘/media/cdrom/’ and press enter

apt-get install を実行したとき、
in the drive ‘/media/cdrom/’ and press enter
というメッセージが出て停止してしまった場合の対処方法ですが、これはインストール元の設定がUbuntuのDVDになっているためです。

/etc/apt/sources.list

をエディタで開き、次の行をコメントアウトします。

deb cdrom:[Ubuntu-Server 16.04 LTS _Xenial Xeus_ ….

そうすると、その後の行のどこかにあるネット上のリポジトリが有効になります。

 
コメントする

投稿者: : 2016/04/27 投稿先 Linux

 

CentOS で固定IP設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を開く(ない場合は新規作成)。

つぎのように編集する(値は一例)。

  DEVICE="eth0"
  IPADDR=192.168.1.10
  NETMASK=255.255.255.0
  BROADCAST=192.168.1.255

次のコマンドを実行して eth0 を再起動する。
ifdown eth0
ifup eth0

 
コメントする

投稿者: : 2016/04/17 投稿先 Linux

 

Oracle パスワードの期限切れ対策

SYS や SYSTEM でログインする。

sqlplus sys@your_oracle/system_password as sysdba

(your_oracle, system_password は適切なものに変更する)

期限切れしないようにポリシーを変更する。

alter profile DEFAULT limit
   FAILED_LOGIN_ATTEMPTS unlimited
   PASSWORD_LIFE_TIME unlimited
   PASSWORD_LOCK_TIME unlimited
   PASSWORD_GRACE_TIME unlimited;

期限切れになってしまったユーザのパスワードを設定しなおす。

alter user user1 identified by 'new_password';

(user1, new_password は適切なものに変更する)

 
コメントする

投稿者: : 2016/04/16 投稿先 Database

 

MySQL でパスワードの制限を緩くするには

MySQL の新しいバージョン(現在使っているのは 5.7.x です) ではパスワードのポリシーを変更しないと、緩いパスワードを設定できません。

これは、/etc/my.cnf に次の1行を追加して MySQL をリスタートすると解決しました。(CentOS 6.7)

validate_password_policy=LOW

 

 
コメントする

投稿者: : 2016/04/09 投稿先 MySQL