RSS

CoffeeScript: 配列

29 8月

配列を定義して各種操作を行うサンプル

#!/usr/bin/coffee

# 配列の要素をすべて表示する関数を定義しておく。
printAll = (a) ->
  for x in a
    console.log(x)

# 配列を定義する。
a = [0, 2, 4, 6, 7, 9, 10]

# 配列の要素数を表示する。
console.log("length=" + a.length)

# 配列の要素をすべて表示する。
printAll(a)

# 配列スライスを表示する。
console.log(a[0..1])
console.log(a[4..])
console.log(a[1..3])
console.log(a[1...3])

# 要素を追加する。
a.push(20)
a.push(21)

# 配列の要素をすべて表示する。
printAll(a)

# 最後の要素を削除
x = a.pop()

# 先頭の要素を削除
x = a.shift()

# 配列の要素をすべて表示する。
printAll(a)

 
コメントする

投稿者: : 2016/08/29 投稿先 CoffeeScript

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。