RSS

CoffeeScript: PUG (旧 Jade) の使用

29 8月

Pug (旧 Jade) を使用する例。npm で pug をインストールしておく必要がある。

#!/usr/bin/coffee

# jade = require 'jade'
jade = require 'pug'
fs = require 'fs'

# print 関数の定義
print = (s) ->console.log(s)

# test.jade ファイル(pugソース)を読む。
fs.readFile('test.jade', 'utf-8', (err, htm)->
    if not err
        # レンダリング
        fn = jade.compile(htm)
        print fn({title:'test of pug'})
    else
        print err.message
)

pug のソース (test.jade)

doctype html
html
        head
                title #{title}
        body
                h1 #{title}
                hr
                div ...

test.jade のレンダリング結果

<!DOCTYPE html><html><head><title>test of jade
</title></head><body><h1>test of jade</h1><hr>
...

</body> </html>

 
コメントする

投稿者: : 2016/08/29 投稿先 CoffeeScript

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。