RSS

ASP.NET: ASP.NET App_Codeフォルダ

29 1月

App_Code フォルダには、ソースコードを置くためのフォルダだそうです。(詳しくは下記)

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/t990ks23(v=vs.100).aspx

VB や C# ソースを置いておけば自動的にコンパイルされるそうですが、そうでないファイル(つまりプログラミング言語のソースでない XML など) はもちろんコンパイルはされないと書いてあります。

問題は、Visual Studio でここに置いた VB や C# ソースをデフォルトで参照できない問題があります。下のように App_Code に Class1.cs を追加したとします。

app_code

エディタで Class1 をコードに追加すると、見つからないので赤線が表示されます。

class1_notvisible

これを回避するには、Class1 のプロパティで「ビルドアクション」を「コンパイル」に変更します。デフォルトは「コンテンツ」です。上の説明にはデフォルトでコンパイルされると書いてあるので、微妙な仕様(バグ?)ですね。

class1_compile

広告
 
コメントする

投稿者: : 2017/01/29 投稿先 ASP.NET

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。