RSS

カテゴリー別アーカイブ: TypeScript

TypeScript: while 文

次のソースは while 文の使用例である。

var i:number = 10;

while (i >= 0) {
  console.info(i);
  i--;
}

これを tsc コマンドでコンパイルすると、次のような JavaScript ファイルが作成される。

var i = 10;
while (i >= 0) {
    console.info(i);
    i--;
}

これを実行すると下のように表示される。

$ nodejs while.js
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
0
広告
 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript

 

TypeScript: 変数の宣言

次のソースは型を指定した変数の宣言例である。

var str:string = "Hello, World!";
console.info(str);
var a:number = 15;
var b:number = 22;
var y:number = a + b;
console.info(y);
var b1:boolean = true;
var b2:boolean = false;
var by:boolean = b1 && b2;
console.info(by);
var a1:any = 100;
str += a1;
console.info(str);

このソースを tsc コマンドでコンパイルすると下のような JavaScript ソースに変換される。

var str = "Hello, World!";
console.info(str);
var a = 15;
var b = 22;
var y = a + b;
console.info(y);
var b1 = true;
var b2 = false;
var by = b1 && b2;
console.info(by);
var a1 = 100;
str += a1;
console.info(str);

これを実行すると下のように表示される。

$ nodejs variables.js
Hello, World!
37
false
Hello, World!100
 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript

 

TypeScript: switch 文

次のサンプルは switch 文の使用例である。

var n:number = 1;
var ans:string;

switch (n) {
  case 0:
   ans = "ZERO";
   break;

  case 1:
   ans = "ONE";
   break;

  case 2:
   ans = "TWO";
   break;

  default:
   ans = "UNKNOWN";
   break;
}

console.log(ans);

このソースを tsc コマンドでコンパイルすると次のような JavaScript ソースが出力される。

var n = 1;
var ans;
switch (n) {
    case 0:
        ans = "ZERO";
        break;
    case 1:
        ans = "ONE";
        break;
    case 2:
        ans = "TWO";
        break;
    default:
        ans = "UNKNOWN";
        break;
}
console.log(ans);

この JavaScript ソースを実行すると次のように表示される。

$ nodejs switch.js
ONE
 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript

 

TypeScript: for 文

次のソースは TypeScript の for 文の例である。

for (var i:number = 0; i < 10; i++) {
  console.info(i);
}

これをコンパイルすると、次のような JavaScript ソースに変換される。

for (var i = 0; i < 10; i++) {
    console.info(i);
}

実行例

$ nodejs for.js
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript

 

TypeScript: for 文 (foreach)

下のサンプルは for 文の使用例である。

var n:number[] = [1,2,3,4,5];

// i is string.
for (var i in n) {
  console.info(i + n[i]);
}

これを tsc コマンドでコンパイルすると、次のような JavaScript ファイルに変換される。

var n = [1, 2, 3, 4, 5];
for (var i in n) {
    console.info(i + n[i]);
}

この JavaScript ファイルを実行すると次のように表示される。(ここで、node コマンドは nodejs のエリアスである)

$ node foreach.js
01
12
23
34
45
 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript

 

TypeScript: Enum

次のサンプルは列挙型 ProgressState を定義して使用する例である。

enum ProgressState {
  Progress,
  Success,
  Fail
};

var ps:ProgressState = ProgressState.Progress;
console.info(ps);

tsc コマンドでコンパイルを行うと次のような JavaScript ソースに変換される。

var ProgressState;
(function (ProgressState) {
    ProgressState[ProgressState["Progress"] = 0] = "Progress";
    ProgressState[ProgressState["Success"] = 1] = "Success";
    ProgressState[ProgressState["Fail"] = 2] = "Fail";
})(ProgressState || (ProgressState = {}));
;
var ps = ProgressState.Progress;
console.info(ps);

実行例

$ node enum.js
0
 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript

 

TypeScript: コンパイルと実行

コンパイルは tsc コマンドで行う。TypeScript ソースファイル (.ts) が JavaScript ソース (.js) に変換される。

tsc hello.ts

実行は .js ファイルを通常 JavaScript のようにブラウザに script タグで埋め込むか、nodejs コマンドを使って実行する。

 
コメントする

投稿者: : 2016/08/30 投稿先 TypeScript