RSS

Visual Studio 2017 で MFC アプリ開発機能を追加するには

Visual Studio 2015 では Visual C++ プロジェクトのテンプレートに MFC アプリ開発が含まれていましたが、Visual Studio 2017 では、なぜか含まれなくなっています。

しかし、後からこのテンプレートを追加することができます。

「新しいプロジェクト」ダイアログを開いて、テンプレートリストの一番下の「Visual Studio インストーラを開く」をクリックします。

New Projects.png

下のようなインストーラが開くので、「概要」の「C++によるデスクトップ開発」のオプションで必要なもの(ここでは「MFCとATLのサポート」)をチェックします。

SDK Installer.jpg

最後に「変更」ボタンをクリックしますが、その前に Visual Studio 2017 は閉じておきます。

インストールが終了したら、Visual Studio 2017 を再起動して、プロジェクトのテンプレートに追加した項目が含まれていることを確認します。

MFC Template

 

広告
 
コメントする

投稿者: : 2018/01/11 投稿先 MSC, 未分類

 

VC++ で古いソースをコンパイルするとエラーになる件

Visual Studio 2017 で VC++ の空プロジェクトを作成し、そこに古いソースを追加してビルドしてみると、実行がうまくいきません。

古いソースは SJIS で書かれているのですが、 Visual Studio 2017 の VC++ プロジェクトはデフォルトは Unicode です。

プロジェクトのプロパティダイアログを開き、構成プロパティ-全般の中で「文字セット」を「マルチバイト文字を使用する」に変更してビルドしなおすと正常に動作しました。

その他、管理者として Visual Studio を起動しないとエラーになることもあるようです。

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/07 投稿先 未分類

 

VC++ のビルドで必要な Windows.h が見つからない件

Visual Studio 2017 で Visual C++ のプロジェクトを作成してビルドしてみたところ、「Windows.h が見つからない」というエラーが出ました。

どうも、プロジェクトのプロパティページを開いてインクルードパスを見てみると $(IncludePath) という設定になっています。

同様にライブラリパスは $(LibraryPath) になっていました。

どうも、IncludePath の内容が間違っているようです。これを修正すれば直るはずですが、他のプロジェクトに影響が出るかもしれないので、ここはインクルードパスを追加してみました。

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows の下にバージョンの異なる SDK フォルダがずらりとあったので、その中から適当なものを選んで Include フォルダのパスを追加しました。

同様に、LibraryPath でもエラーが出るので、同じ SDK のLib フォルダのパスを追加しました。

これで、エラーは消えてコンパイルできました。


 

参考

このIncludePath, LibraryPath はプロジェクトのプロパティでVC++ディレクトリの中のインクルードディレクトリを編集すると表示されるダイアログで確認できます。

IncludePath.png

 

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/07 投稿先 未分類

 

Windows 10 のタスクバーの People 表示をやめる

Windows 10 のアップデートでタスクバーの右のほうに People アイコンが表示されるようになりました。

これって、要らないので消したいと思っていました。そうしたら「設定」画面に消すためのメニューがありました。

タスクバーを選ぶと People という項目があるので、これをオフにします。

People

 

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/04 投稿先 Windows

 

再起動してドライブエラーを修復 (Windows 10)

あるとき、Windows 10 起動時にガーーという音がして、それ以来「再起動してドライブエラーを修復」というメッセージが出るようになりました。

そして、何度再起動してもこのメッセージが出るようになりました。

試しにコマンドプロンプトを管理者として開き、chkdsk コマンドを実行してみたら、ディスクに異常が見つかりました。

コマンド入力例
c:\> chkdsk c:

次に /f スイッチを付けて、ディスクの修復を試みました。このスイッチを付けた場合、Windows 10 の再起動が必要になります。

コマンド入力例
c:\> chkdsk c: /f

再起動後、chkdsk コマンドが Windows が起動する前に実行されてディスクの修復を試みます。これは、かなりの時間を要します(ディスクサイズによる)。

chkdsk が終わると自動的に Windows が起動するはずですが、起動に失敗してエラーメッセージが表示されていました。

一度、電源を落としてから電源を再投入して Windows を起動したらうまく起動できて、表題のエラーも出なくなりました。

 

 
コメントする

投稿者: : 2018/01/04 投稿先 Windows

 

MySQL データベースの文字コードをUTF8にするには

mysql> set global character_set_database=utf8;
Query OK, 0 rows affected, 1 warning (0.00 sec)

mysql> show global variables like “character%”;
+————————–+—————————-+
| Variable_name | Value |
+————————–+—————————-+
| character_set_client | latin1 |
| character_set_connection | latin1 |
| character_set_database | utf8 |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | latin1 |
| character_set_server | latin1 |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/share/mysql/charsets/ |
+————————–+—————————-+
8 rows in set (0.01 sec)

 

 

 
コメントする

投稿者: : 2017/12/24 投稿先 MySQL

 

ASP.NET アプリが Windows 10 のアップデートで動かなくなった件

前々回くらいの Windows 10 アップデートで突然、ASP.NET アプリが動かなくなりました。アップデートが原因なら、そのうち対策が出てくると思ってほったらかしにしていました。

ASP.NET_error_win10update

ところが、今日、ググってみたら、それらしき投稿が見当たりません(日本語環境では)。
英語で検索してみたら、対策記事が出ていました。

https://developercommunity.visualstudio.com/content/problem/59516/vs-2017-152-cant-debug-aspnet-projects.html

これによると、レジストリにキーを追加しないといけないようです。コマンドプロンプトを管理者モードで開いて、次のコマンドを実行したら、前のようにちゃんと動くようになりました。

reg add HKLM\Software\WOW6432Node\Microsoft\InetStp /v MajorVersion /t REG_DWORD /d 10 /f
reg add HKLM\Software\Microsoft\InetStp /v MajorVersion /t REG_DWORD /d 10 /f

やはり、英語圏の情報は豊富ですね。

 
コメントする

投稿者: : 2017/12/01 投稿先 ASP.NET, Windows